フロアコーティングで体育館を長持ちさせる

フロアコーティグはフローリングの床材を補強し、コキズや摩擦から守って、木目を美しく、耐久性をあげてくれます。

学校の床材、特に体育館の床材にはコーティング加工を行うことが多いです。

劣化しやすいヘビーユーズの床面だからこそ、フロアコーティングの良さが光ります。

滑り止め効果もあり、子供たちが安全に運動できる床材を作ります。

フロアコーティングでは、液体ガラスを使っています。

硬度があって多少のひっかき傷では傷がつきにくく、椅子を若干引きずったくらいではきれいな状態を保つといいます。

太陽光の紫外線からの劣化を守るUVコーティングもしてあるので、経年劣化を防ぎます。

一般家庭からオフィス、大勢の人が集まる体育館など、床面を清潔に保ち、最初の状態を長くキープできるため、フロアコーティングは人気が高くなっています。
◆参考ページ)「フローリングの寿命は10年~20年!自宅の床を傷や劣化から保護するフロアコーティングってご存知ですか?

床材を仕上げてから、ワンステップ工程がありますが、やっておくと5年後、10年後に良かったと実感できるひと手間です。

また、においが気になる場合はフロアコーティングと合わせて壁にEPTCOATをおすすめします。

臭いなどのもとになる雑菌の繁殖を防ぎます。

消臭・防臭コーティングだと、常に清潔な空間で過ごすことができます。

テラヘルツ波の働きで、不快臭を加水分解します。

一般的な壁のコーティングだと、フ壁表面への加工ですが、空気中の不快臭にも効果がありますから、体育館のように多くの児童がエクササイズする場所でも、空気中の防臭効果もあります。

イヤな臭いの元のプラスイオンに作用し、空間を快適に保ちます。

Comments are closed.